40年ほど前に購入した一戸建てを売却した経験談

【今回はこの人をご紹介】不動産を売却した人&エリア&理由など

・40代男性
・東京都東村山市
・物件:一戸建て
・売却した物件の購入日:1980年9月
・購入金額:800万円
・売却時期:2005年6月
・売却金額:2200万円

 

 

 

 

 

それでは、見ていきましょう。

 

 

不動産を売却しようと思った経緯、理由

アメリカに長く住んでいたのですが、帰国を機に一戸建ての売却を考えました。と言うのも、いささか年齢の行った2人暮らしでは、一戸建ての管理は難しいと感じたからです。
向こうで長くアパートに住んでいたことも1つの原因なのですが、自分で家の塗替えなどの時期を図ったり、庭の手入れなどしたりは体力的に」厳しいと考えたのです。

 

これを売って、売ったお金でマンションの購入をと考えたわけです。私が留守の間、家を守ってくれていた母も年でしたので、手のかからないマンションへの引っ越しは、悪くないと考えたようでした。

 

まだネットがそれほど普及していない時期でしたので、地道に地元の不動産会社に依頼しました。
小さな会社でしたが、逆にしっかりとこちらの話を聞いてくれるようなところが気に入りました。

 

とは言え、今の大手不動産会社のように、買い手が見つからなければ自社で買い取り、などのシステムがないわけですからこちらも結構必死に、住宅情報誌など読んだものです。

 

正直なところ最初の内は反応がなくて、もう諦めようかと何度か思いました。少々値段を高く設定したのも、買い手の食いつかなかった原因かもしれません。不動産会社に言わせれば、後の値段交渉の時に有利に働くからと言うことでしたが、ちょっとこれは疑ってしまいましたね。

 

しかし皮肉なもので、諦めようと思った矢先に買い手候補が現れたのです。取引などというものは、そういったものかもしれませんね。

 

 

 

売却にかかった費用や、売却の利益など

一戸建ての方のローンは完済していましたので、そちらの面倒は一切ありませんでした。

 

なので純粋に、売値と次のマンションの買値にあまり差がなければ充分と思っていました。
実際、この一戸建ては約2200万円で売れたのですが、マンション購入はやはりほぼ同じ値段でしたのでそういった意味では収支トントンでした。仲介手数料と引っ越しの費用を加えても、足は殆ど出なかったのは嬉しかったですね。

 

ただ売る途中の時点で、トラブルが発生しました。自宅前の道路が、道としては未登録だったのです。
一戸建ての建売で、何軒かまとめ売りだったのを購入したので、そこまで考えが回らなかったのです。

 

道路としての登録がなく、これでは家の売却もできないと言われてしまったので、同じ建売で購入の周囲の家と一緒に、この道ではないただの私有地を道路として登録するために、走り回ることになりました。

 

一戸建て購入の頃はバブル期でしたので、細かいことは誰も気にせずに売り買いしていたのだと、不動産会社の担当さんに言われました。そのツケが、回ってきてしまったのです。
金額的は負担はそれほどありませんでしたが、気持ち的には少しきつかったですね。

 

ちょっと考えられないトラブルですが、古い家には結構こういったケースが残っているそうなので、バブル前に購入した土地とか家を持っている人は、注意したほうがいいかもしれませんね。
私の場合はその精神的な負担以外には、充分な金額で売却ができて、その後のマンション購入にも問題がなく、金銭的な意味では充分に満足できる取引でした。

 

 

 

 

不動産売却の一括サイトについて、どう思っているか

不動産売却一括サイトというものが、実はまだ無かった、もしくはこちらが気がついていなかった時代なので、使用はしていません。

 

もし使ったとしたら、別の意味で迷ってしまったかもしれませんね。つまり、あまりの不動産会社の多さに、どこを選べばいいのかそれこそわけがわからなくなりそうです。
ちょっと今になって調べたのですが、イエウールスマイスターなどは簡単に調べられるのでおすすめかもしれません。

 

面白半分に今住んでいるマンションの売却値を見てみたのですが、使いやすかったです。

 

 

 

 

 

その他、不動産を売却しようと考えている人に対してアドバイスや注意点などお書きください!

不動産の売却は出来るだけ自分に有利に、歯に衣着せずに言うなら高く売りたいものです。
なので出来るだけ高い値を付けてくれそうな不動産会社に頼むのも、一つの手です。

 

もし買い手が現れない場合、依頼した不動産会社で買い取ってくれれば、面倒がないのも事実です。
今はそういった意味でも便利な世の中です。

 

でも何と言っても、自分が売却するのですから、自分も一緒に動くことを忘れないようにしたいものです。
私の場合、いささか昔の売買でしたので、大変にアナログなやり方で終始しました。

 

結果として、妙な情報に振り回されることがなく、シンプルな取引ができたと思います。
何しろ今は情報が多すぎる時代です。情報は確かに大事ですが、振り回される危険性もあります。その辺り、大きな金額の動く不動産売却ですので、情報に振り回されることがないように気をつけてください。
また、今住んでいる、もしくは売却を考えている物件に、売却に関しての問題がないかどうかも、事前にチェックしておくことをおすすめします。

 

 

 

 

 

>>不動産一括査定のおすすめランキングはこちら

 

 

 

関連ページ

私はこの理由で不動産を売却しました!その1
今回、紹介する不動産の売却経験者は茨城県在住の方です。お子さんが生まれたことをきっかけに売却を決意したそう。
私はこの理由で不動産を売却しました!その2
一戸建てを売却した人の経験談をチェックするコーナー。売却する理由は人それぞれですが、不動産査定一括サイトを利用することは共通しているようです。
私はこの理由で不動産を売却しました!その3
兵庫県内の一戸建て物件を売却した経験を掲載します。売却する理由や経緯、売却までの期間、どの査定サイトを利用したか、これから売却する人に向けてアドバイスなどなど。
私はこの理由で不動産を売却しました!その5
群馬県高崎市での不動産の売却のお話し。売り出し期間が【たった1か月】の場合、自分が希望するような価格には届きにくいです。今回の経験談はそのような内容になっています。