一戸建ての売却経験者のお話し

【今回はこの人をご紹介】不動産を売却した人&エリア&理由など

・50代男性
・埼玉県さいたま市
・物件:一戸建て
・売却した物件の購入日:2013年11月
・購入金額:5,180万円
・売却時期:2017年12月
・売却金額:5,780万円 ←注目!購入金額よりもアップ!

 

 

 

 

それでは、見ていきましょう。

 

 

不動産を売却しようと思った経緯、理由

私は以前、一戸建て住宅を所有していましたが、リーマンショック発生により不景気となったことなどが原因で、家を手放さざるをえませんでした。

 

しかし、その後景気が良くなり、アベノミクス相場にうまくのることができて、株式投資で多額の利益を得ることができたため、以前の借金を完済することができただけでなく、新たに一戸建て住宅を購入することができたのでした。

 

この一戸建ては、さいたま市内でも文教地区として有名であり、一等地に立地する3階建て住宅でした。
そのため、購入当初は新たな希望を持って、いきいきと生活できていたのですが、
売却するきっかけとなったのが、私の慢性的な腰痛でした。

 

中年の年齢となり、年々腰痛がひどくなってきただけでなく、膝にも痛みを抱えるようになったのです。

 

以前、手放した一戸建て住宅は2階建てでしたから、3階建て住宅で生活することは何も問題ないと想定していました。
ところが、3階建て住宅ですから、毎日自宅内で階段の昇り降りをしなければなりません。

 

【参考メモ】
・以前、住んでいた家は2階建て(すでに売却済み)
・今回の話しは3階建て

 

2階にリビングや浴室や洗面室、トイレがあり、私たち夫婦の部屋は3階にありました。
そのため毎日10往復程度は階段を昇り降りしていたと思います。
深夜の就寝中にトイレに行きたくなったときにも、階段を降りなければなりません。

 

そのため、年々、体力的にキツさを感じたのです。
また、妻も同様に、食材などの買い物をするごとに、2階へ食材を運ばなければならない生活に辟易している様子で、ストレスを抱えているように感じられました。

 

そこで妻と話し合い、この3階建ての一戸建てを手放すことを前提に話し合いを何度か重ねました。
今回の売却のときの救いは、経済的な苦境が原因ではなかったことです。

 

さらには、インターネットで調べてみると、この家周辺の地価は購入時よりも上昇しているようであり、
もしかしたら購入時の価格よりも高値で売却できるの可能性があるという点にもメリットを感じられました。

 

そこで、3ヶ月ほどかけて妻と話し合った結果、最終的には前向きな気持ちで一戸建てを売りに出そうと決めたのでした。

 

 

 

売却にかかった費用や、売却の利益など

この一戸建ての購入価格は5,180万円であり、銀行から借りた住宅ローンは額面で4,680万円でした。
金利は1.3%で35年ローンで借りました。毎月の返済額は約13万8000円でした。

 

一方、複数の不動産会社から査定された金額は5,300万円から5,700万円まで幅がありましたが、
私は希望売却価格を5,900万円に設定して売りに出しました。

 

そして結果的には、5,780万円で売却することができたのです。

 

査定金額に幅が出た要因としては、私は知る由もありませんが、おそらく一戸建てが売れなかった場合には自社でいったん買い取ることを前提にしていたのか、もしくは安い金額で売りに出せば早めに買い手が現れて、仲介手数料を手に入れることができると考えていたのかもしれません。

 

築年数が4年の時点でしたから、建物の価値を低く見積もられたのではないと考えています。

 

売却した結果、不動産会社に支払った仲介手数料は、約180万円となりました。
また、不動産売却で利益がでたために、譲渡所得税も納税しました(約100万円)。

 

購入時と売却時に支払った不動産会社への仲介手数料は、経費として認められるとのことで、
譲渡所得税は約100万円で済んだのでした。他に数万円の登記費用が発生しました。

 

 

今回の一戸建て住宅の売却については、満足しています。損をしなかったためです。

 

税金や仲介手数料、住宅ローンの残債を決済すると、ほとんど利益は残りませんでしたが、
0円の経費で約4年間一戸建て住宅で生活することができたのですから、満足しています。
これも、景気が良くなって地価が上昇したおかげだと思います。

 

 

 

 

不動産売却の一括サイトについて、どう思っているか

今回、一戸建て住宅を売却するにあたっては、前回同様イエウールという不動産査定の一括サイトを利用しました。
※以前、住んでいた2階建ての家の売却も同じサイトを利用しました。
※つまり、不動産の売却は今回で2回目。

 

一流企業が多く登録しているため、安心感を持てるためです。
そして今回は、あらかじめ査定に来てもらう不動産会社を3社に絞って、他の不動産会社からの査定については断る前提で利用しました。

 

使ってみた感想としては、相変わらず反応が早いなと思ったことです。
ネット上で一括査定を依頼すると、30分後には不動産会社から次々と電話がかかってきて、ぜひ一度お宅へうかがって査定をさせていただきたいと言われました。

 

今回は私も手際よく対応できたため、スムーズに3社だけに査定を依頼することができました。

 

私は、他の方へもイエウールの利用をおすすめしたいと考えます。
理由は、一流企業や信頼できる企業しか登録されていないため、しつこい電話がかかってこないことが挙げられます。

 

おそらく社内でのコンプライアンスなどの規則が、厳しく運用されているのだと思われます。

 

 

 

 

その他、不動産を売却しようと考えている人に対してアドバイスや注意点などお書きください!

不動産の売却を考えている方へのアドバイスという点では、
売却するタイミングが重要ということを挙げることができます。

 

私が今回の一戸建て売却で実感できたことは、景気が良くなり始めた時期に一戸建てを購入し、
好景気が軌道に乗った2017年に売却したことによって、損失を被ることがなかったためです。

 

つまり、好景気の時期に不動産を売却することが重要という点をアドバイスさせていただきたいと思います。
私は、今回の売却によって、不動産の価格というものは、景気に連動して上昇していくのだと実感することができました。

 

そして、仮に好景気のときに不動産を購入し、不景気のときに不動産を売却してしまったら、
高い確率で損失を被る可能性が高いと感じた次第です。

 

ただ、景気というのは、自分が家を売るときと同タイミングで合うかどうか、運の要素も必要になると思いますので、
売りたいと思ったときはすぐに一括査定サイトを利用することをおすすめします。

 

 

私が利用した不動産一括査定サイトはこちら(イエウール)です。

 

 

 

 

 

関連ページ

私はこの理由で不動産を売却しました!その1
今回、紹介する不動産の売却経験者は茨城県在住の方です。お子さんが生まれたことをきっかけに売却を決意したそう。
私はこの理由で不動産を売却しました!その3
兵庫県内の一戸建て物件を売却した経験を掲載します。売却する理由や経緯、売却までの期間、どの査定サイトを利用したか、これから売却する人に向けてアドバイスなどなど。
私はこの理由で不動産を売却しました!その4
東京都東村山市の一軒家(一戸建て)を売却した経験談です。物件の購入が30年以上も前のことなので、参考になる部分は少ないかもしれませんが、不動産を売却する上でのトラブルについても記載しているので、そちらに関しては参考になるかもしれません。
私はこの理由で不動産を売却しました!その5
群馬県高崎市での不動産の売却のお話し。売り出し期間が【たった1か月】の場合、自分が希望するような価格には届きにくいです。今回の経験談はそのような内容になっています。